特別定額給付金の申請方法は?鹿島市の支払はいつ頃?申請時の注意点も!

『#おうちにいよう』『#外出自粛』と言われてしばらく経ちましたが、収束にはまだまだ時間がかかりそうです。
そんな中、やっと待ち望んでいた特別定額給付金の申請がスタートしました。
でも、申請って難しいの?受け取れるのはいつ?って、心配ですよね。
※これは佐賀県鹿島市の情報です。

  • 特別定額給付金の申請の方法は?
  • 特別定額給付金鹿島市の支払いはいつ頃?
  • 特別定額給付金申請時の注意点

見ていきます!

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
ICカードリーダーの使用方法は?初心者にお勧めの機種をご紹介!

給付金詐欺に注意!-総務省よりー



特別定額給付金の申請方法は?

特別定額給付金を受取れる人は?

給付対象者は(令和2年4月27日)において、鹿島市の住民基本台帳に記載されているすべての方(外国人登録を含みます)が対象です。

受取の際は世帯個別の給付では無く、世帯主が世帯を代表して申請し、世帯員全員分の給付金を代表して受け取る形です。

金額は1名あたり10万円です。
例えば4人家族の場合、給付金は40万円です。

特別定額給付金の申請方法は?

新型コロナウイルス感染防止のため、オンラインまたは郵送での手続きになります。
他の方との接触を避けるためにも、出来るだけオンラインか郵送で行いたいですね。

オンラインでの申請方法

内閣府の電子申請サイト「マイナポータル」より受付されます。
5月2日より受付開始されています。
※マイナポータル、地方公共団体情報システム機構ホームページは時間帯によってはアクセスの集中により繋がりにくい状況となる場合がありますので、焦らずゆったりした気持ちで手続きに向き合いましょう。

【必要なもの】パソコンで行う場合
  • マイナンバーカードを受け取った時に設定した暗証番号(英数字6~16桁)
  • 振込先金融機関口座確認書類
  • インターネット接続環境とICカードリーダー

なお、パソコンで行う場合はあらかじめ利用中のブラウザに対応する「マイナポータル」アプリをダウンロードする必要があります。
「マイナポータル」ぴったりサービスが利用できるか確認が必要です。
↓↓↓こちらで確認をして必要なアプリをダウンロードしましょう。

パソコン用マイナポータルAPダウンロードサイト

【必要なもの】スマートフォンで行う場合
  • マイナンバーカードを受け取った時に設定した暗証番号(英数字6~16桁)
  • 振込先金融機関口座確認書類

ここまではパソコンと一緒です。
スマートフォンで手続きする場合はマイナンバーカードに格納された電子証明書を読み取り出来る機能を持った機種のみ申請可能です。
また、パソコンと同じように事前に「マイナポータル」アプリをインストールする必要があります。
対象機種はこちらになります。
マイナポータルAPスマートフォン対象機種

【振込先金融機関口座確認書類とは?】

銀行や郵便局など振込口座のファイルのアップロードを求められますので、口座名義人が世帯主になる口座の内容がわかる通帳の一部や、キャッシュカードの写真を撮る必要があります。

慣れない方は、あらかじめ写真を撮っておくと慌てなくて済みますね。


オンライン申請の流れは?

ここまで準備が出来たら、「マイナポータル」サイトで申請します。
ここではパソコンでの手続き方法を主に説明しています。

マイナポータルサイト
https://myna.go.jp/SCK0101_01_001/SCK0101_01_001_InitDiscsys.form

↓↓↓マイナポータルまるわかり動画はこちら↓↓↓

6分30秒くらいの動画で、わかりやすく説明されていますので、設定など必要な場合があるので、ぜひ視聴してみて下さい!

まずは申請の画面に入りましょう。「申請はこちら」からぴったりサービスに移動します。

特別定額給付金手続き①

ぴったりサービスに移動したら、次に申請を受け付け開始している市町村の対応状況を調べる画面に行きます。本日オンライン申請可能な地域を確認することが出来ます。

その下の動作環境チェックで、自分がパソコンやスマートフォンからチェックできるのか確認してください。

特別定額給付金手続き②

パソコンはあるけどマイナンバーカードが無い方はこれから申請の必要があります。
申請してから1か月程度は少なくともかかるようですので、それまで待てる場合は申請を先にしなければなりません。
そんなに待てない!という場合は郵送での申請になります。

マイナンバーカードはあるけど、ICカードリーダーを持ってないという方は、対応機種のスマートフォンでの手続きになります。
もし、スマートフォンが対応機種ではない場合、やはり郵送での申請になります。

では、手続きを進めましょう。
地域を選びます。
郵便番号を入れるか、県名と市町村名を選びます。

特別定額給付金手続き③

申請内容を選択します。
今回の場合は『特別定額給付金』にチェックを入れて、「この条件で探す」をクリックします。

特別定額給付金手続き④

申請が出来る地域の場合、この画面が現れます。
チェックを入れて「申請する」をクリックします。

特別定額給付金手続き⑤

もし、環境チェックで何か足らない場合は、申請に進もうとしてもこの画面が出ます。
ここから進めませんので、環境を整えましょう。

特別定額給付金手続き⑥

きちんと準備が整った場合は、このような表示になり、パソコンでの申請が可能になります。

無事に登録が出来るようになると、メールアドレス等の登録を求められます。
連絡用のメールアドレスと連絡先電話番号を登録します。

その後、給付にかかる世帯主の情報や、同じ世帯で給付を申請する人の名前等を入れます。
その際、まずマイナンバーカードの読み取りで必要事項の入力が自動で出来ます。
マイナンバーカードの暗証番号を登録する際、何度も間違えるとロックがかかって、市役所に行かないとロック解除が出来ませんので注意してください!
(感染防止のためにも、ロックがかかった場合は郵送申請に切り替えましょう。)

ただし、マイナンバーカードで取り込みされるのは、世帯主の情報のみに限られるのと、カタカナなど手入力が必要な部分があります。

この後、銀行や郵便局など振込口座のファイルのアップロードを求められますので、口座名義人が世帯主になる口座の内容がわかる通帳の一部や、キャッシュカードの写真を撮っておきましょう。

その後もう一度、マイナンバーカードを読み取りして、電子署名を送信したら完了です。
その際、【控え】をダウンロードしておくと、何か問い合わせをする際必要になるので、大切です。

『マイナポータル』を利用したことがある方は、ご存じだと思いますが、書類を入力していくことで手続きして行くので、時間は30分ほどかかります。

手間かかかると思いますが、市役所に行って待ち時間費やして手続きして帰ってくることを考えたら、家のパソコンやスマートフォンで手続きできるのは、とても便利ですね。

外出自粛の今だからこそ、パソコンやスマートフォンで挑戦してみましょう!

わかりやすい動画が総務省から作成されていますので、こちらもご覧下さい。

【パソコンでの申請方法 総務省動画】

【スマートフォンでの申請方法 総務省動画】

私自身、登録画面を使ってやってみましたが、スマートフォンのほうはやはり画面が小さい分、少しやりづらかったかなと思いました。

見にくい場合はピンチアウト(2本の指で広げる操作)して、入力する画面を大きくしてやってみて下さいね。

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
ICカードリーダーの使用方法は?初心者にお勧めの機種をご紹介!



郵送での申請方法

生活のため1日も早く給付が必要な方を対象に、申請書ダウンロードによる「手書き申請」が可能です。ただし、全世帯に申請書を発送した時点で終了なので5月11日迄となります。
手書き申請書(PDF) *手書き申請書(エクセル) *記入例
PDFもエクセルも内容は一緒ですので、ダウンロードしやすい環境のものを選びましょう。
記入例も合わせてあるので、わかりやすいですね。
申請に必要な添付書類も忘れないようにしましょう。

市役所より送付される申請書での手続きは5月11日(月)に世帯主に申請書を送付するので、申請開始は5月12日(火)です。

申請期限は郵送方式の受付開始日から3か月以内となりますので、8月11日(火)です。
まだ間に合うから~と思っていたら、もう期限近くなってヤバイ!なんて事が無いように、早めに手続きしましょう。

また、出来るだけ他の人との接触を避ける意味でも、オンライン申請が難しい方は、郵送で申請するようにしましょう。

郵送での申請書類の様式はこちらです。

定額給付金申請郵送書類①

定額給付金申請郵送書類②

こちらに必要事項を記入して、必要書類をコピーして添付する必要があります。
コピーが自宅で出来ない方は、コンビニなどの有料コピーサービスを利用しましょう。
申請が遅れたら、その分給付も遅れるので、書類が届いたら早めに申請書を作成し、郵送しましょう。



特別定額給付金鹿島市の支払いはいつ頃?

ここは、とっても重要です!

申請したけど、支払われるのはいつなの?早くほしい!って方、少なくないですよね。

鹿島市の給付時期は、送付された申請書を確認後、5月中旬から開始予定です。
オンライン・郵送と申請方法でも、支払い時期が異なるので、注意が必要です。
市役所にも申請が殺到すると思うので、「自分は早く出したのに振込が遅い!」と焦らずに待ちましょう。
書類の不備があればそれだけ時間もかかるので、漢字の間違いや添付書類が抜けてるという事が無いように気を付けましょう。

特別定額給付金申請の注意点

この特別定額給付金は手続きの際、注意が必要な点があります。

まず何より、給付金詐欺には注意!!ですね。

そして、手続きの注意点としては、給付対象者のいる世帯の世帯主しか手続きが出来ない事です。
その為、例えば配偶者である妻が、マイナンバーカードを持っていて、世帯主は持ってない場合は、世帯主がマイナンバーカードを作ってオンラインで申請するか、郵送で申請をすることになります。

登録する際、暗証番号入力を間違うと、ロックがかかったら市役所に行かないと解除できなくなるので、要注意です!
暗証番号がわからない、間違ってロックがかかった!という方は、出向いて感染のリスクを増やすより、近いうちに送られてくる郵送申請を選択しましょう。

また、配偶者からの暴力を理由とした避難事例には配慮されますので、鹿島市に住まわれてる方は、市役所にご相談下さいね。

何かわからない事があったら、総務省ホームページにQ&Aも載っているので確認しましょう。

それでもわからない時は、特別定額給付金コールセンター0120-260020(9時~18時30分)に連絡して聞きましょう。
給付金申請が始まったばかりなので、とても電話が混み合っているので、かからない場合は時間をおいてかけなおしましょう。

なお、他に申請手続き等ご不明点はTel、Faxでお問い合わせになります。

こちらも混み合う事必須ですので、ゆったりした気持ちをもって電話をかけましょう。



まとめーオンライン・郵送どちらも確実に!ー

定額給付金手続き、見ていきましたがいかがでしたか?

マイナンバーカードとICカードリーダー、パソコンの動作環境があれば、オンラインでパソコンやスマートフォンで申請可能ですので、家にいて手続きが完了するので、とても便利ですね。
手続き入力や、必要書類のアップロード、カードリーダー読み取りなど30分位かかることはちょっと手間かもしれませんが、市役所に出向いて待って手続きするより感染防止につながるので、頑張って手続きして給付金受け取りましょう!

暗証番号は何度も間違うとロックがかかって、市役所に行かないと解除が出来ません。
ロックがかかると手続きが進まなくなるので、心配な方はメモなどを見ながら確実に入力しましょう。
万が一ロックがかかって使えなくなった場合は、慌てて市役所に行かないで、郵送申請に切り替えましょう。休み明けなどは殺到するので、注意が必要です。

郵送手続きは5月12日受付開始なので、手元に届いたら早めに書類作成して提出しましょう。

申請期限は郵送方式の受付開始日から3か月以内、8月11日です。
締切は思ったより早く来るもので、申請しなきゃ!って思った頃には出来ないなんてことが無いように、早目に手続きしましょう。

給付金受け取りは早い方からですが、5月中旬から予定と、少しでも早く受け取れるようにと、鹿島市役所の皆さん努力していただいています。
短い時間の中大変だったと思います。ありがとうございます。

「#ステイホーム」大変な状況ですが、皆さん助け合って頑張りましょう!

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
ICカードリーダーの使用方法は?初心者にお勧めの機種をご紹介!



コメント

タイトルとURLをコピーしました