私の好きなこと・ものをゆったり色々書いていきます。

ふりーとーくな毎日

台風・大雨・地震ete天災

台風19号(ハギビス)今後の進路は?数十年に一度あの狩野川台風に匹敵!最大級の警戒を!

更新日:

追記あります! 午後9時15分
今回の台風19号、数十年に一度の規模の台風ということで、日本中広範囲に強風が吹いているようです。
こちら九州佐賀もかなりの強風が吹いていて、前回の被害もあるのでひとごととは思えません。

  • 台風19号今後の進路は?
  • 台風19号あの狩野川台風に匹敵!
  • 台風19号最大級の警戒を!

早速見ていきましょう!
※この内容は追記する場合があります。ご了承ください。
↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
災害避難レベル1~5の内容や避難勧告と避難指示の違いは?夜の外出や避難は危険!
台風18号九州最接近はいつ?豪雨や竜巻の危険性は?災害時必要なチェックリストもご紹介!



台風19号今後の進路は?

台風19号現在の状況は?

かなりの規模で関東を北上している台風、超危険ですね。
テレビで海や川に安易に見に行ったり、近づかないで下さい!と呼びかけていましたが、取材をされる方のほうが気を付けてほしいって、心配してしまうくらいです。

相模川流域にお住まいの方は、本当に危険なので、安全第一に避難してください!
神奈川県・城山ダムは緊急放流を午後5時に実施する予定⇒予定より繰り下げになります!
思ったより水位が上がっていなかった事が理由ですが、今後も警戒が必要です。
放流1時間前に通知されるようですので、ご注意下さい!

※追記 城山ダム夜10時緊急放流決定がされました!
荒川水系の二瀬ダム(埼玉県秩父市)夜10時頃
利根川水系の草木ダム(群馬県みどり市)夜11時頃
避難が必要な皆さんは、どうぞ安全確保第一に移動をお願いします!
マンションなどでは建物の1階から2階に移動するなどの垂直移動も有効な場合があります。

避難場所に移動できない場合は、近くにある頑丈な建物に避難するか、同じ家の中でも危険な部屋の反対側の部屋に移動するだけでも身を守る事が出来る事が出来るかもしれません。

少しでも身の安全を確保できる行動を!!

どうぞ、安全第一に行動されてください!


台風19号今後の進路は?

台風19号 10月12日15時現在

台風19号 10月12日15時現在 日本気象協会

台風19号 15時現在-16時予想

台風19号 15時現在-16時予想 日本気象協会

台風19号 予想①

台風19号 予想

台風19号 予想

まだまだ、13日までは関東・東北地方は風や雨がかなりひどい状況が続くようです。

今から暗くなるので、周囲に気を付けて安全な行動をとって下さい!
避難するなら明るいうちにです!

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
災害避難レベル1~5の内容や避難勧告と避難指示の違いは?夜の外出や避難は危険!

台風18号九州最接近はいつ?豪雨や竜巻の危険性は?災害時必要なチェックリストもご紹介!

台風19号あの狩野川台風に匹敵!

「狩野川台風」昭和33年(1958年)9月27日に神奈川県に上陸、関東地方と伊豆半島に大被害を与えた当時の台風22号です。

中心気圧が900ミリバール(現在はhPaヘクトパスカル)という猛烈な勢力が48時間も続き、その勢力を保ったまま日本に近づき、少しは弱まったものの、日本付近に横たわる秋雨前線を刺激し、東日本に大雨を降らせました。

伊豆半島の狩野川流域で大規模な水害が発生したため、気象庁はこの年の11月に「狩野川台風」と命名し、語り継がれています。

被害は相当なもので、
●死者・行方不明者 1,269名
●住宅の全・半壊・流出 16,743戸
●住宅の床上・床下浸水 521,715戸
この他にも田畑や船舶にも甚大な被害が及びました。

増水した狩野川に大量の流木が堆積し、天然ダムを作り、その後決壊するという「ダム崩壊現象」を起こしたために、さらに大規模な洪水流となって下流を襲い、それが鉄砲水となりました。
夜中に修善寺橋でも同じような状態になり、多くの避難者が収容されていた修善寺中学校に流れ込み、人も建物も飲み込みました。
さらに下流の大仁橋の護岸を削り、熊坂地区を濁流が飲み込み多数の死者が出ました。

相当な被害が出て、防災面でもかなり改修され、災害後の対策がなされていても、これだけの警戒を呼び掛けています。

どうそ、身の安全を守る行動を第一に!

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
災害避難レベル1~5の内容や避難勧告と避難指示の違いは?夜の外出や避難は危険!

台風18号九州最接近はいつ?豪雨や竜巻の危険性は?災害時必要なチェックリストもご紹介!

台風19号最大級の警戒を!

日本中が何らかの被害が出そうな大規模な台風です。
最大瞬間風速60mとも言われている、相当な激しい暴風雨となっていて、海の波もかなり高いので、川や海などの水の傍には近づかないようにしてください!

10月12日午後3時半に大雨特別警報が出されています。
静岡県・神奈川県・東京都・埼玉県・群馬県・山梨県・長野県の方、最大級の警戒をしてください!

これまでに経験したことがない規模の大雨となっています。

今後、北陸・東北から海へと抜けていく模様です。

しかし、13日まではどうぞ安全第一にお過ごしください。

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
災害避難レベル1~5の内容や避難勧告と避難指示の違いは?夜の外出や避難は危険!

台風18号九州最接近はいつ?豪雨や竜巻の危険性は?災害時必要なチェックリストもご紹介!

まとめ―命を守る行動を!-

数十年に一度の規模の台風と言われる台風19号、最大瞬間風速60mともいわれています。

屋根が風でバリバリ剥がれたり、車が横転する、川が氾濫し住宅や車が水没する地域がかなり出ています。

昭和33年の狩野川台風にも匹敵する水害が出るかもしれません。
ダムの緊急放流も予定されている地域もあります。

亡くなる方も出ている状況です。
どうぞ身を守る行動を!安全第一に明るいうちに避難や行動をお願いします!

私が住む近くの地域では、鉄砲水で住宅が3軒流され、人命被害は無かったものの命拾いをしたと言われていました。

ひとごとと思わずに、どうぞご安全に!!

↓↓↓関連記事はこちら↓↓↓
災害避難レベル1~5の内容や避難勧告と避難指示の違いは?夜の外出や避難は危険!
台風18号九州最接近はいつ?豪雨や竜巻の危険性は?災害時必要なチェックリストもご紹介!




-台風・大雨・地震ete天災

Copyright© ふりーとーくな毎日 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.