私の好きなこと・ものをゆったり色々書いていきます。

ふりーとーくな毎日

地元ネタ

さが桜マラソンまであと1ヶ月!いつから始まったの?コースは?ゲストなど見どころ、そして桜は咲くのか?

更新日:

こんばんは!kyota-comです。

さが桜マラソンまであと1ヶ月を切りました。
佐賀の街を楽しく走るイベントとして始まり、今年で31年目を迎えます。

私の周りにも参加する方が意外にいる事を知り(会社の上司やバーのマスターなど)興味が出て改めて、いつから始まったのか?コースは?ゲストなどの見どころ、桜は咲くのか?調べてみました。

[quads id=2]



いつから始まったのか?

さが桜マラソンは、佐賀市政100周年を記念し1989年に第1回が開催されました。当時はハーフマラソン・10キロ・5キロとジョギングの4種目で行われました。その後1997年にコースの全面的見直しなどを経て、2012年開催の大会で当時の古川知事が次回フルマラソンでの開催を宣言し、周りを驚かせました。実際1年の準備期間で2013年フルマラソンの大会として見事開催にこぎつけました。

その後、国内屈指の走りやすいコースのフルマラソンとして親しまれています。今年は、終わりを迎える「平成」という時代を、みんなが楽しく走った証となる大会になること間違いなしです。

コースは?

フルマラソンは、佐賀県総合運動場前(国道263号線)をスタートし、佐賀城本丸歴史館、吉野ヶ里歴史公園内、久保泉工業団地、多布施川沿いを通過し、今年は改修工事の為佐賀県総合運動場補助競技場がゴールとなります(日本陸上競技連盟公認コース)。コース全体の高低差が10mほどしかない、アップダウンがあまりないフラットなコースで、走りやすいとランナーからは好評です。また、ファンラン(9.8㎞)もマラソンの前半コースを利用して行われます。

さが桜マラソン2019公式サイトより コースマップ

 

ゲストは?

毎回素敵なゲストが大会を盛り上げてくれますが、今回はどんな方がいらっしゃるのでしょうか?

土佐 礼子さん

三井住友海上火災保険(株)女子陸上競技部アドバイザー。
1976年6月生まれ。1999年当時の三井海上に入社、国内外のマラソンで活躍。2001年カナダ・エドモントンの世界陸上選手権で銀メダル、04年アテネ五輪で5位入賞。07年の大阪の世界陸上選手権で銅メダル、翌年の北京五輪にも出場。09年東京マラソンで競技生活に一旦区切りをつけ、現職。

M 高史さん

1984年9月生まれ。中学・高校時代から陸上長距離に力を入れ、駒澤大学で陸上競技部に入部。2時間40分34秒のマラソン自己記録を持つ。11年より「ものまねアスリート芸人」として活動。公務員ランナー川内優輝さんのそっくりさんとして注目され全国各地のマラソン大会などに参加。

君原 健二さん

1941年3月生まれ。メキシコオリンピック銀メダリスト。これまで数々のフルマラソンを完走。さが桜マラソンにはハーフ時代の第1回から出場し、今回で30回目と一度も切らすことなく連続出場。

柳川 春己さん

1956年1月生まれ。アトランタパラリンピックで日本人初の金メダリスト。佐賀市内で鍼灸院を営みながら、各種大会に出場。2018大会は膝の痛みのためファンランに出場。今大会はフルマラソン出場予定。

(さが桜マラソン2019公式サイトより)

見どころは?

給水・給食エイド

地方ならではの大会、給水や給食(エイド)も地方色豊かです。各ランナーも楽しみにしている事の一つです。

過去の大会では、バナナ・梅干し・塩あめ・チョコレートの他、さがほのか(苺)、ひとくちプッチンプリン、小城羊羹、変わり種では一口サイズの神埼そうめん、ぜんざい、プチブラックモンブランなどが用意されました。また、別に私設のエイドも地元の沿道の方が用意され賑わいます。今年はどんなものが振る舞われるでしょうか?

ランナーの仮装・沿道の応援も華やか

日本陸上競技連盟公認コースの為、タイムを競うトップクラスの選手もいますが、楽しく走ることを目的に様々なコスプレで走る人も、沿道でも嗜好を凝らして応援します。特に中盤から折り返して後半は直線コースが長く感じられ、沿道の応援が救いという選手の方も少なくありません。私設エイドのちびっこ達がおすすめしてくれるミール(軽食)にも、ついつい足を止めて笑顔になりますね。

ボランティアの活躍が侮れない!

大会運営にはたくさんのボランティアの方の力が必要です。今回も約3,000人の方々がボランティアとしてかかわられます。ピンクのジャンバーを着て、心配りしながら所狭しと活躍していただいています。ボランティアの方々のお陰もあって、さが桜マラソンの評判はとても良いからこれだけ長く続くのでしょう。

[quads id=2]

桜マラソンという名前だが、桜は咲くのか?

桜マラソンという名前になっている位なので、出来れば満開の桜の元、楽しく走って頂きたいと思いますが、今年の桜は咲くのでしょうか?

過去5年間の開催日と開花状況はこちらです。

2014年 4月 6日 散る

2015年 4月 5日 ほぼ散る

2016年 4月 3日 満開

2017年 3月17日 開花前

2018年 3月18日 やっと開花

近年、4月初旬の開催だと走るには暑い為、日程が3月中旬から下旬に変更されています。2017年は予定より前倒しになり、残念ながら開花前の開催となりました。今まで満開だったのは過去5年の中では2016年のみです。

しかし今年は大きな積雪もなく暖冬ともいわれています。今年の開花予想、佐賀は例年より早めの3月20頃の予想が出ています。開催日は3月24日なので、開花前後の気温にもよりますが、順調にいけば、ちょうど見頃の桜をバックに走る事が出来そうな予感です。

まとめ

平成最後の大会となる今年、エントリーした方も、ボランティアする方も沿道で応援する方も、みんなが一つになる地元でも大きな大会です。楽しく走ることを目的とした方や、支える周りの方に目を向けてみました。当日桜が満開になり、皆さんが笑顔で完走出来る事をお祈りいたしております。



-地元ネタ
-

Copyright© ふりーとーくな毎日 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.