私の好きなこと・ものをゆったり色々書いていきます。

ふりーとーくな毎日

レジャー

もうすぐ花見の季節!桜の花の特徴は?開花時期は?見所もご紹介!

更新日:

こんにちは!kyota-comです。

私が住んでる九州北部では、そろそろ寒さが緩んでくる頃です。そうなると楽しみになってくるのが花見です。出かけた時に周りを見ると、ちらほら花が咲き始めています。

桜の花の特徴・開花時期と見所についてご紹介します。



桜の花の特徴は?

日本の”桜”と言えば、ソメイヨシノを一般的に指します。花びらの先が割れており、長い花柄を持ち枝の先のほうにまとまって咲くため、こぼれんばかりの華やかさがあります。

ソメイヨシノ

ソメイヨシノはクローンのため、その地域ごとに同じ時期に咲き始め、同じ時期に散り始める事が多いです。散る様は「桜吹雪」とも言われ、薄いピンクの花びらが風に乗って流される様も春から初夏への季節の移り変わりを感じさせてくれます。

花が先に咲き、葉が後から出るというのも特徴的で、花の散り際から初夏位まで葉っぱが出てる様を「葉桜」と呼びます。

葉桜

秋頃に冷え込んだ後、2-3日暖かい日が続くと春を待たずに花が咲く場合があり、「狂い咲き」と呼ばれます。

狂い咲きの桜

桜の開花時期は?

北部九州の開花予報は3月20日頃から3月25日頃の予定です。今年は暖冬傾向のようで、桜の開花も早まるのではないか?と言われています。確かに雪が積もって困ったという日もなかったし、最近は朝も起きやすいので過ごしやすいのですが、桜の開花に影響が出てきますね。

桜の見所は?

北部九州にも桜の名所と言われるところも多くあります。私が住む佐賀のおすすめの見所をご紹介します。

金立いこいの広場(佐賀市)

長崎自動車道金立サービスエリアのそばにあり、一般道より入ったら桜並木に迎えられて行くことができます。約5,000本の桜が植えられており、近隣に駐車場や公園も完備されており、多くの方でにぎわいます。バーベキュー場などもあり、桜見てバーベキュー食べてサービスエリアで買い物して帰るという日帰り旅行も有りでは?

金立いこいの広場 夜桜を見た時の写真

 

 

 

 

 

 

 

 

日の隈公園(神埼市)

日の隈山の麓にある公園です。公園内に約2,000本の桜があり、公園内には多目的グラウンドや子供が遊べるアスレチックなどの遊具があり、のんびり遊べます。無料駐車場がありますが、夜施錠されますので注意が必要です。http://kanzaki.sagan.jp/kanzakiblog/?attachment_id=1400

 

朝日山公園(鳥栖市)

小高い山が公園になっていて、桜並木が出迎えてくれます。約1,000本の桜があり、晴れた日には頂上から鳥栖市街地が見渡せます。桜の時期は露店も出てとても賑わいます。https://www.city.tosu.lg.jp/1592.htm

神野公園(佐賀市)

こども遊園地や小動物園があり(入場無料・乗り物は有料有)、桜の季節は大人も子供も楽しめます。約600本のソメイヨシノがあり、そばの多布施川沿いにも桜並木が続いてとても綺麗です。http://haut.jp/kouno/archives/4533

まとめ

これから暖かくなって、色とりどりの花と共に桜が咲き誇ります。今回は私の近場をご紹介しました。高速を走って疲れたら、いったん降りて休憩がてらながめてリフレッシュしても良いですね。一時期にパッと咲いてパッと散るはかないイメージの桜ですが、日本を代表する花としてこれからも毎年楽しませてほしいですね。



-レジャー
-

Copyright© ふりーとーくな毎日 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.